Julie / 珠理

julie

I'm Julie, born and raised in Japan. I moved to Canada to study Politics & Economics when I was 18 and after that, I came to the UK to study for my Master’s degree in Politics. I just finished my degree, so, yay! No more studies.

The concept of home is something that I always have in the back of my mind whenever I’m away from Japan. People always ask me where I’m from when I’m abroad. It’s a very simple question, but it makes you think about your identity and where you’re actually from, whatever that means. It makes you question who you are as a person. I think this is the kind of question that everyone who has been away from their home country, home town, or wherever has always been asked. It’s a question that is very close to everyone but unless you’re asked to think about where your home is, you don’t really think about it deeply. But subconsciously, I’m thinking about it all the time.

I’d say I have two homes, one is Japan because I have my family there and I also grew up there. I speak the language and I love Japanese food more than any other food besides Italian. I strongly identify with Japanese culture and society too. But I also always tell people that Toronto is my second home because I felt really accepted there. My friends are still there too. I could go back there whenever and still find someone I’ve known since I was 18. I feel really comfortable being with them and in that sense, I feel really at home in Toronto. I went back there in the summer last year and being in that city that I’d lived for four years, I knew all the places, where to go, and where to find my friends. I don’t live there anymore but I feel really at home and comfortable. I think that’s where your home becomes. For me, home is not restricted to where you live or who you live with. Home is something bigger. It could be something like a community, or maybe a city that you live in that makes you feel at peace. When you’re there you just feel rested: comfortable and safe.

How I answer the question, “Where are you from?” has changed over time. When I first moved to Canada, people asked me where I was from. I said I am from Japan because I was basically ‘fresh off the boat’. People would ask me where I’m from when I moved to the UK, especially at  St. Anthony’s [college at the University of Oxford] because everyone comes from different parts of the world. That’s one of the first questions everyone asks. Everyone assumes that I’m not British, which is true. People are curious to find out where everyone is from.

I came to the UK soon after I left Canada; because of that I still felt like I was culturally part of Canada. I also went to a Canadian international school in Japan for my secondary education. I learnt English from Canadian people and I studied about the country before I went there, so I kind of felt like I wasn’t fully Japanese—because I know both societies quite well. I celebrate both Canadian and Japanese cultures. I embrace both identities.

So when people asked me that question during my first year in the UK, I used to say, “I’m from Japan but I’ve lived in Canada so I also feel a bit Canadian too”. But in the second year I got lazy and didn’t really explain. I said I’m from Japan because everyone just assumed that; I speak Japanese and I look Japanese, so people are like, “Oh, you must be from Japan”. And then we’d just start talking about Japan and we don’t really get to talk about Canada even though I love the country. Some of my housemates whom I’d lived with didn’t even know that I used to live in Canada until quite recently!

But when I’m in Japan, people also ask me if I’m partly something else because I speak English fluently.They suspect that I’m not fully Japanese, or “hafu”. It’s probably also because of my name too, which doesn’t sound very Japanese. I say I was born and raised in Japan, but I might also explain that I’ve lived abroad.

I guess the question, “Where are you from?”, doesn’t really say anything about you. What your passport says or where you grew up can’t tell others who you are. For instance, I know a lot of friends who went to international school in Japan and they might have been Japanese but we learn things differently from how Japanese kids in Japanese schools learn. Just because we’re Japanese, it doesn’t mean we’re all the same.

When I was in Canada, most of my friends had an immigrant background, and I didn’t really encounter the question, “Where are you from? Although a few people might ask you where you’re from, and you might say you’re from Toronto and they’re like, “Where are you actually from?, or, “Where are your parents from?” Why does it matter, right? If you’re in that society or you know about that society very well then it doesn’t really matter where you’re from, it’s more about where you feel comfortable the most.

日本生まれ日本育ちの珠理です。政治と経済を学ぶために、18歳の時にカナダに渡って、その後イギリスで政治学を修士過程で勉強した。この間卒業したばかりなので、もう勉強は終わり!

「ホーム」っていう概念は、日本から離れていたときからいつも頭のどこかにあった。海外にいると、必ず「どこから来たの?」って聞かれる。すごくシンプルな質問だけど、自分のアイデンティティーとか、自分の「本当の」ホームはどこなのかを考えさせられる。自分は誰なんだろうって。この質問って、母国とか地元から離れたことがある人は聞かれたことがあると思う。そういう意味でこの質問は皆にとって身近なものだけど、こういうふうにインタビューでも受けて質問されない限り、ホームがどこなのかなんて深く考えない。でも、無意識に常に考えている。

私には、ふたつのホームがあるかな。ひとつ目は、日本。家族が住んでいるし、育ったのも日本だから。日本語も話すし、日本食もイタリア料理の次に好き。日本の文化と社会も、自分にとってすごく身近なもの。ふたつ目のホームは、トロント。私を受け入れてくれたと感じたから。トロントにはまだ友達もいる。いつでもトロントに帰って、18歳からの友達に会えるし、友達と一緒に過ごす時間は心地良い。そういう意味で、トロントにいるとすごく落ち着く。去年の夏、4年間過ごした街に帰って、どこに行けばいいか、どこに行けば友達に会えるか、全部覚えていた。もうトロントには住んでいないけど、心地良かったし安心した。そういうものが、ホームなんじゃないかな。ホームって、住んでいるところとか、誰と一緒に住んでいるのかとかに限られないものだと思う。ホームはもっと大きな概念だと思う。それは、安心させてくれるコミュニティーかもしれない。街かもしれない。そこにいると、癒される。心が落ち着く、安全な場所。それがホームなんじゃないかな。

「どこから来たの?」って聞かれたときの答え方は、時間が経つにつれて変わってきた。カナダに引っ越したばかりの頃その質問をされたら、日本から来たって返していた。当時は、カナダに移り住んだばかりだったから。イギリスに引っ越したときも、その質問をされた。特に、私が所属していたセント・アントニーズ・カレッジ(オックスフォード大学のカレッジ)ではよくこの質問をされた。みんながいろいろな国から来ていたから、最初に聞かれる質問のひとつがそれだった。みんな、私をイギリス人じゃないって思うから、質問していた面もあると思う。確かに私はイギリス人じゃないんだけど。みんな、誰がどこから来たのか興味津々だった。

私はカナダを離れたほぼ直後にイギリスに来たから、まだカナダの文化の一員のような気がしていた。中学校と高校は日本にあるカナダのインターナショナルスクールに通っていたこともあって。カナダに行く前から、カナダ人から英語を教わって、カナダについて学んでいたから、自分が100%日本人とはあまり感じなかった。日本もカナダも、どっちもよく知っていたから。カナダ文化も日本文化もどっちも祝うし、私にとってはどちらも自分のアイデンティティー。

だから、イギリスの修士1年目に「どこから来たの?」って聞かれたときは、「日本出身だけど、カナダに住んでたこともあるから、ちょっとだけカナダ人。」って答えていた。でも、2年目になってから、だらけちゃって、あんまり説明しないようになった。ほとんどの人は私が日本から来たと思うから、ただ「日本から来ました」って言うようになっちゃって。私は日本語を話すし、見た目も日本人だから、「あ、日本出身でしょ!」って言われてしまう。そうすると日本しか話題にならなくて、カナダについて話せなくなって。カナダは、大好きな国なんだけどね。一緒に住んでたハウスメートの中でも、私がカナダに住んでたことを最近まで知らなかった人もいるくらい!

日本にいるときは、私が流暢に英語を話すから、日本人なのかそうじゃないのか、「ハーフ」なのかを聞かれることもある。私の名前があんまり日本人の名前らしくないのもあると思う。日本で生まれ育ったことを伝えて、海外に住んだことがあるって言うこともある。

よく考えてみると、「どこから来たの?」って、その人がどんな人なのかがわかる質問じゃないかもしれない。パスポートに書いてある国とか育った場所って、自分がどんな人なのかってことは伝えられない。例えば、私の友達で日本のインターナショナルスクールに行った人はたくさんいて、その子たちは日本人だけど、日本の私立・公立の学校に通った子たちとは違うことを学ぶ。だから、私たちが日本人だからといって、みんなが同じわけじゃない。

カナダにいたとき、ほとんどの友達が移民のルーツを持っていて、「どこから来たの?」っていう質問にはあまり出くわさなかった。でも、少ないかもしれないけど、そういう質問をしてくる人もいる。「トロント出身」って答えると、「いや、本当はどこから来たの?」とか「両親はどこから来たの?」ってさらに聞いてきたりする。そんなの関係ないじゃんって思わない?その社会に住んでいて、その社会のことをよく知っていたら、どこから来たかどうかなんてあまり関係ない。「ホーム」は、自分がどこで一番落ち着くと感じるかどうか、なんじゃないかな。